ビッグワードは省略形を使ってSEO対策を

アクセスアップ

ビッグワードは省略形を使ってSEO対策を!

トレンドブログに限らず記事をアップするときは「キーワード」が大切です。

以前からお伝えしているように、ユーザーが検索するキーワードがタイトルに含まれるかどうかもSEOの重要な判断基準になります。

実は、アフィリエイトを目的にしていないブログの多くはこのことをあまり意識していないので、結構もったいない記事が多いんですね。

(正直、アフィリエイターからみるとホッとする部分もあるのですが…)

さて、もったいないタイトルの付け方を紹介しましょう。

例えば、USJのハリーポッター(アトラクション)について解説した某ブログ。

記事を読む限り完成度も高く「検索すれば上位表示されること間違いなし!」と思ったブログのタイトルが…

『大阪LOVER♪』

確かに「大阪LOVER」ってドリカムが手がけた大阪をイメージする曲ですが、ハリーポッターのイメージとかけ離れていますよね。

ちなみに私なら…

『USJで連日混雑のハリポタを満喫したよ♪』

にしますね。

ポイントとしては「USJ」「混雑」「ハリポタ」というキーワードを散りばめた点なのですが、実は『ハリポタ』と言うのがかなり大きな意味を持ちます。

と言うのも、ご存知通り「ハリポタ」とは「ハリーポッター」の略なのですが、「ハリーポッター」と正式名称をタイトルにしてしまうと、上位はお金を払ってしっかりとSEO対策をしているサイトが占めてしまうので、個人が上位のランキングに入り込むのは難しいと言えます。

しかし、「ハリポタ」と略称にすることにより競合がググッと減りますので個人でも十分上位を狙えるわけです。

つまり、ビックワード(1位)ではなく、セカンドワード(2位)を狙っていくわけです。

かつて、民主党政権下で蓮舫氏が『2位じゃダメなんでしょうか?』と事業仕分けで発言していましたが、個人アフィリエイターに関して言えば「ビックワード(1位)ではなく2位のキーワードを狙ったほうが賢明」と言えます。

LINEで送る
Pocket

プロフィール



サラリーマンアフィリエイターの坂田澄夫です。現在のネット収入は年間数十万円で家族旅行などの資金に役立てています。このサイトでは私が10年以上の経験をもとに、稼げない人の理由や稼ぐための方法を無料公開していきますのでぜひ参考にしてください。なお、筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

PAGE TOP