なぜ、Twitterにわいせつ画像をアップして逮捕されたのか?

一般

なぜ、Twitterにわいせつ画像をアップして逮捕されたのか?

11月20日
「Twitterにわいせつ画像をアップしたアフィリエイターが逮捕」
と言うニュースが話題になりました。

このニュースを聞いて
「ドキッ」としたアフィリエイターも多いのではないでしょうか?

Twitterをしている方ならご存知だと思いますが、
アダルト系のツイートって結構多いですよね。

実際、Twitterを利用しているユーザーの大半は
“性”に興味がある中高生が中心ですから、
アダルト系のツイートに反応が出るのは当然と言えます。

そんな中での逮捕に衝撃を受けた方も多いかもしれませんが、
逮捕されたポイントは一体何だったのでしょう?

私としては…

正直、アダルト系のツイートが氾濫しているので、
逮捕されるのは”よほどの内容”だったと思います。

つまり、やり過ぎです。

恐らく「わいせつ画像」とのことですから、
キャプチャー画像やサンプル画像を
ツイートしていたのではないかと思われます。
(児童ポルノや無修正は論外ですが…)

例え、モザイクの入ったキャプチャー画像であっても
100アカウントというのは目立ち過ぎますし、
先程も書いたように中高生など未成年のユーザーが多いですから、
警察が目を光らせているのも理解できます。

少し前ですが…

「児童ポルノをリツイートしたユーザーが逮捕された」
と言うニュースも記憶に新しいと思います。

このときの媒体もtwitterでした。

そう考えると、
いくら”性”に興味がある世代が多いからと言って、
Twitterにアダルト画像をツイートするのは危険言えそうです。

アダルト系のツイートが氾濫しているので錯覚していますが、
本来、アダルト画像を拡散させるのは法的にアウトです。

法律や取り締まりを取り巻く環境は日々変化しているのですが、
どうもここ最近の動きをみていると
『アダルト系の画像をツイートするのはやめたほうがいい』
と思いますね。

恐らく、アフィリエイターの多くは
私とおなじように副業で取り組まれていると思います。

いくらお小遣い欲しさであっても、
逮捕されるリスクを冒してまで行う価値はあるのでしょうか?

今回逮捕された容疑者のアフィリエイト収入が公開されていましたが、
稼げたのは月に2000円から3000円程度だったそうです。

その程度の成果と引き換えに逮捕されるリスクを冒すのは、
なんとも割にあわないと思いますね。

LINEで送る
Pocket

プロフィール



サラリーマンアフィリエイターの坂田澄夫です。現在のネット収入は年間数十万円で家族旅行などの資金に役立てています。このサイトでは私が10年以上の経験をもとに、稼げない人の理由や稼ぐための方法を無料公開していきますのでぜひ参考にしてください。なお、筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

PAGE TOP