実名をブログで公開するのは危険なのか効果的なのか

一般

実名をブログで公開するのは危険? それとも効果的?

ブログを始めるとき、多くの方はニックネーム(ハンドルネーム)を使用します。

実際、私も「エージェントK」と言うハンドルネームを使用しているのですが、このブログを読んでいる方の中には「やっぱり、実名を公開したほうが良かったかな?」と言う悩みを持っている方も多いと思います。

ひとつには、メルマガでおなじみの与沢翼さん・川島和正さん、Youtubeのバイリンガール英会話でおなじみの吉田ちかさんのように、アフィリエイト方面で稼いでいる有名人は実名で活動さしていることが挙げられます。

「やっぱり、実名じゃないとアクセス伸びないのかな?」

と、思われ方も多いですよね。

実名を公開するメリット

これは「安心感」「親近感」と言う点に尽きますね。

「第一印象は3秒で決まる!」

と、言われるように顔写真・映像・実名による効果は非常に大きいものがあります。

自然、発信しているコンテンツと発信者の姿が重なり相乗効果を生むわけですね。

他にも「自分自身が広告塔(キャラクター)になる」と言う戦略も背景にあります。与沢さんと吉田さんの場合がこのケースに当てはまります。実名ではないもののYoutuberのHIKAKINさんもキャラクター戦略になっていますね。

実名を公開するデメリット

「副業がバレる」

なんとも単純明快な答えだと思います。

単にブログを発信しているだけなら趣味の範囲で終わるのですが、広告収入を得ているとなると話が変わります。

「もし、アフィリエイトブログが会社にバレたら…」

そんな思いから実名を伏せてハンドルネームで運用している方が圧倒的だと思います。

他には、他人の視線が苦手だから実名を避ける方もいるでしょう。

どんなジャンルにしてもブログやメルマガで情報を配信するとなると反応が起こります。その時、記事を周囲の人から「○○さん、あんなことをブログに書いていたけど…」と言われるのに耐えれますか?

さらに、ネットが炎上(コメント炎上)してしまうと、周囲に波及して日常生活に支障をきたす可能性もゼロではありません。

正直、コメント炎上や他人の視線を気にしない単身者ならいいでしょうが、少しのことで落ち込んでしまう方や、家庭を持っている方が実名を公開する場合は情報がフルオープンなりますので慎重な判断が必要です。

実名を公開している法的理由も…

さて、あまり知られていないかもしれませんが、実は「実名を公開しなければいけない法的理由」も存在します。

それは、与沢さんや川島さんのような商用メルマガを発行する人です。

商用メルマガとは広告が挿入されたメルマガのことなのですが、迷惑メールが横行した背景から、商用メルマガを発行する場合は、発行者情報(氏名・住所・苦情の受付先など)や配信解除方法をメルマガ内に明記することが「特定電子メール法」によって定められました。

この法律の影響もありメルマガアフィリエイターは実名で活動することを余儀なくされます。ちなみに、法人であれば法人名で発行できるのですが、与沢さんなどは名前を出したほうが集客効果が見込めますからバンバン名前を出しているわけですね。

一方、ブログはそのような表示義務はありませんので、実名でもハンドルネームでも運用することが可能です。

まとめ

実名公開は安心感や親近感をユーザーに与え信頼感も向上させてくれる一方、副業がバレたり、ネットが炎上したり、それに伴って個人情報がさらされ無用なトラブルに巻き込まれるリスクも含まれます。

私も過去に実名でブログを運営してきたことがありますが、有名人ではありませんのでプロフィール欄は軽くスルーされていたと思います。なので、そこまでアクセスに差が無かったのが正直なところです。

また、ブログやTwitterはハンドルネーム、Facebookは実名と言う概念も日本のユーザーには存在しますから、「自分自身が広告塔になって集客する」「ユーザーに親近感や信頼感を与えたい」と言うことでなければ、特に実名を公開する必要性はないとないと思います。

LINEで送る
Pocket

プロフィール



サラリーマンアフィリエイターの坂田澄夫です。現在のネット収入は年間数十万円で家族旅行などの資金に役立てています。このサイトでは私が10年以上の経験をもとに、稼げない人の理由や稼ぐための方法を無料公開していきますのでぜひ参考にしてください。なお、筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

PAGE TOP