【実話】申し込んだだけで18,000円獲得した話

一般

【実話】申し込んだだけで18,000円獲得した話!

「申し込んだだけで18,000円GET!」と言われると「何かのキャンペーンでも当選したの?」「どうせ釣り文句でしょう?」と思われるかもしれません。

しかし、アフィリエイトを勉強している方ならピン!と来たかもしれませんね。

答えは『A8.netのセルフバック』を利用したのです。

セルフバックとは別名「自己アフィリエイト」とも呼ばれます。

今回、楽天カード発行で10,000円と言うアフィリエイトに自分で申し込んで成果報酬の10,000円を獲得、さらに「カード発行で8,000円相当に該当するポイントを差し上げます!」と言うキャンペーンを楽天が行っていたので、現金10,000円+ポイント8,000円分=18,000円獲得となったわけです。

楽天カード発行でポイントゲット
これが当時のキャンペーンです。(画像出典:楽天)

ちなみに8,000円分のポイントは楽天市場での買い物にも使用できますし、一部は電子マネーEdyにチェンジすることも可能ですのでポイントと言ってもお金同等の価値があるわけですね。

楽天アフィリエイトをしている人がハマる罠

さて、このようにセルフバックを利用すれば発行手数料を支払うどころか高額な報酬が得られるわけですが、実はこの報酬目当てでカードを発行したわけではありません。(報酬が欲しいのは確かですが…)

それは『楽天アフィリエイトで得たポイントを電子マネーEdyにチェンジするため』にカードを発行したのです。

このブログを読んでいる方の中には楽天アフィリエイトをしている方も多いと思いますが、楽天アフィリエイトで得られた成果はお金ではなく「ポイント」と「キャッシュ」と言う独自の方式で支払われます。

【ポイント】とは楽天市場の買い物で使用できる他、楽天カードに付随している電子マネーEdyにチェンジすることが可能です。

【キャッシュ】とは楽天銀行の口座を経由して現金化することが可能なポイントです。また、他の楽天ユーザーに譲渡することも可能です。

楽天アフィリエイトの注意点キャッシュとポイントの違い

楽天アフィリエイトの成果報酬の支払いには独自のルールがあり『3,000円までの成果はポイント、それ以上はキャッシュ』で支払われます。

例えば、ある月の成果報酬が10,000円だった場合、7,000円分が楽天キャッシュ、3,000円分がポイントとしてアフィリエイターに支払われます。つまり、7,000円は楽天銀行を通じて現金化できますが、3,000円分は楽天のサービスで消費するかEdyにチェンジするしかないわけです。

楽天市場で買い物の予定があるならポイントを溜めてもいいですが、私はネットショッピングはしないので毎月入る3,000ポイント分は電子マネーEdyにチェンジして、コンビニの買い物なので利用したほうが利便性が高いわけです。

今回、電子マネーEdyにチェンジするために楽天カードを発行したわけですが、ちょうど楽天カード発行のセルフバックがあったのでセルフバックを利用したわけですね。

よく、ショッピングセンターなどでカードの勧誘をしていますが、こういうところで申し込むよりA8.netのセルフバックを利用して自分で申し込んだほうがお得なわけです。

ちなみに、楽天アフィリエイトを始めた人が覚えておきたいことがひとつあります。それは、『楽天銀行の口座を持っていないと3,000円を超えるポイント(キャッシュ)の部分は無効になる』という点です。例え、10,000円の成果報酬があっても3,000円相当のポイントが付与されるだけで7,000円分は無かったことになります!

楽天アフィリエイトをするときは必ず口座を開設しておきましょう。

LINEで送る
Pocket

プロフィール



サラリーマンアフィリエイターの坂田澄夫です。現在のネット収入は年間数十万円で家族旅行などの資金に役立てています。このサイトでは私が10年以上の経験をもとに、稼げない人の理由や稼ぐための方法を無料公開していきますのでぜひ参考にしてください。なお、筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

PAGE TOP